Message

矢作ダム完成50周年に寄せて

地域の皆様からのメッセージ

豊田市 市長 太田 稔彦

太田 稔彦

矢作ダムが完成50周年を迎えられますことを心からお喜び申し上げます。また水源地域や下流沿川の皆様のご理解・ご協力に深く感謝申し上げます。

矢作ダムは愛知県豊田市と岐阜県恵那市の県境に位置しており、その完成以来、貯水は水力発電を始め工業用水や農業用水、水道用水に使われ、周辺地域及び本市の生活や経済を支えてきました。また東海豪雨を始め歴史的水害において、洪水被害の軽減に多く功績を残しております。本市も矢作ダムの恩恵を受けており、関係機関の皆様におかれましては、日々ダムの管理と施設改良に取り組んでいただいておりますことに、深く敬意を表します。

本市は、全国有数の製造品出荷額を誇る「クルマのまち」として知られ、世界有数のものづくりの拠点でありながら、豊かな森林や水資源を始めとした自然や歴史・文化など多様な地域資源を有しています。

矢作ダム水源地域としては旭地区を中心に、ダムを活用した地域活性化の取組を行っており、令和2年、3年には地域と共働で酒蔵として活用しました。ダム堤内に日本酒を貯蔵するのは、愛知県初の取組であり、この機会に本市内4つの酒造業者がそれぞれ造った「矢作ダム貯蔵酒 山清水秀」を多くの方に楽しんでいただくことができました。

また、この度は矢作ダム完成50周年を記念したパネル展示やホームページ掲載コンテンツを通して、多くの皆様に矢作ダム水源地域の歴史、文化、伝統、過去の災害、ダムがもたらした恵みや役割、効果を再認識いただけたことと存じます。

おわりに、皆様を守り愛される矢作ダムの更なる進化をご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。

令和4年2月吉日

豊田市 市長 太田 稔彦